ビジネスマーケティング情報サイト

マーケティングの分析に役立つグレイモデル、主成分分析、線形回帰分析

マーケティングの分析に役立つフレームワークはたくさんありますが、今回はその中でも3つの分析法をご紹介していきます。
○グレイモデル
グレイモデルとは過去のデータをもとにして、それに続く数値をグレイ法で予測していくやり方です。
・明白なデータ…白
・曖昧なデータ…グレイ
・不明なもの…黒色
白色データと黒色データをもとにして、灰色を予測するデータの分析法がグレイモデルです。
○主成分分析
主成分分析とは多くの項目を持つデータに対して、ごく少数の項目に置き換えることでデータ全体の見通しをよくしていくものです。
データ変数が少ない場合はあまり必要ないデータ分析手法になってしまいますが、変数が100や200になると活用しやすくなる方法です。
しかし変数を縮約する事によって、一部の情報を捨てているというデメリットも出てしまうので注意が必要です。
○線形回帰分析
複数のデータをクロス集計することで得られるグラフは、主に曲線で表現されます。
線形回帰分析ではこのようなグラフに、論理的に考え出された直線を引くというデータ分析法となります。
各データの相関関係がわかりやすくなる分析法です。listeningmind.com/

検索エンジン最適化で大事な事とは

ただやみくもに検索エンジン最適化すればいいという事ではありません。
検索ユーザーの関心事を踏まえていなければなりません。
○ユーザーが知りたいことを伝えていく
各ページでは、
冒頭でユーザーの関心を
言葉にして伝える必要があります。
伝えたいことを伝えるのではなく、
ユーザーが知りたいことを伝えていく事が大切です。
○動線設計は正しいか?
ソーシャルや広告から導いたページの冒頭は、
しっかり着地するように作られているか振り返ってみましょう。
関連コンテンツをリンクしているかどうかも大切です。
購入やリスト化に向けて動線は流れているのか?というのも大切なポイントです。
○記事を「商品」として位置付ける
ページの内容はユーザーの関心に答えるだけでは不十分です。
コンテンツマーケティングとは、要するにコンテンツ間の競争という事になります。
単に役立つ情報を提供すればいいわけではなく、ライバルサイトの記事よりも優れている必要があります。
○検索エンジン最適化を行う意義
検索エンジン最適化では、検索エンジンユーザーのうち、特に自社の商品やサービスに関連の高い検索キーワードで検索したユーザーによって、多くのWEBサイトの目に触れやすい機会を増やす事につながります。
何か目的を持ってわざわざ検索を行うユーザーを集める事になるので、とても効率的な集客の手法です。
これがまず、検索エンジン最適化を行うメリットや目的です。インバウンドマーケティングと検索エンジン最適化が重要です

スマホアプリがマーケティングツールとして使える?

スマホアプリを企業のサポート役として、マーケティングとして活用する事もできます。
○スマホアプリがマーケティングツールになる?
例えば次のようなアプリがマーケティングとして使えるでしょう。
・販促アプリ
・集客用アプリ
・無料アプリ
○マーケティングツールとしてスマホアプリを使う利点とは?
スマホアプリをマーケティングツールとして利用するには、メリットがあります。
どのようなものがあるのか、以下をご参考にしてみてください。
・信頼性アップ
アプリは形のある商品なので、自社の商品であるアプリを使ってもらう事で、ユーザーに
信頼感やリアリティを感じてもらう事ができます。
・関係性の強化
スマホアプリは、アプリ利用者と自社とのコミュニケーションツールとして使えるものです。コミュニケーションを通して、アプリ利用者との関係を強めていく事ができます。
・認知度アップ
アプリを公開する事によって、自社の認知度を高めることができます。無料アプリにするとダウンロードされやすく、アプリを広めやすくなります。アプリを通して認知度をアップさせる事によって、潜在顧客が見つけられるのです。
○まとめ
マーケティングツールとしてアプリを活用すると、顧客の深さや広さという側面においてメリットが得られるでしょう。
獲得できるユーザーの範囲も広がっていくので可能性が広がっていきます。” href=""http://www.listeningmind.com/%E3%82%AA%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%A1%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%A2%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%81%AE%E5%AF%BE%E7%AD%96/"">オウンドメディアマーケティングの対策を参考にしました。”

マーケティング・アナリティクスでできる分析とは

マーケティングにおいて、様々なマーケティングツールが登場していますが、マーケティング・アナリティクスも役立つ分析ツールです。
○マーケティング・アナリティクスで効果を出すにはどうしたらいいのか
マーケティング・アナリティクスで最大の効果を出したいのであれば、複数の分析手法をバランスよく組み合わせることが大切です。
過去の分析…マーケティング・アナリティクスを使って過去のキャンペーンを分析していきます。
最も利益を生み出したキャンペーンは何だったのかなどの疑問に即座に答える事ができます。
○マーケティング・アナリティクスの活用法
今の分析においてマーケティング・アナリティクスでは、実施中のマーケティング活動のパフォーマンスが把握できます。
最も利益の高い顧客が好むチャネルはどれか、ソーシャルメディアでは自社ブランドについて誰がどのような発言をしているのか、現時点で顧客がどれくらい関心を寄せているのかといった疑問にも答えられます。
将来における予測分析と意思決定支援、マーケティング・アナリティクスには、現在と過去のデータに基づいた予想分析も含まれます。顧客の行動予測やキャンペーン成果のシミュレーション結果など、より良い成果を目指した意志決定に活用できるでしょう。

STP分析とは?

みなさん、こんにちは。今回はマーケティング分析手法である「STP分析」について話していきたいと思います。
STP分析とは、自社の商品が市場においてどのような立ち位置でターゲットに接していくか、といったマーケティング戦略を策定するためのフレームワークです。
STPとはSが「Segmentation(セグメンテーション)」、Tが「Targeting(ターゲティング)」、Pが「Positioning(ポジショニング)」を意味しており、それぞれの頭文字から取っています。
まず、セグメンテーションですが、これは細分化を意味し、国や都道府県といった「地理」、年齢や性別といった「人口動態」、ライフスタイルや価値観といった「心理」、購買状況やそのプロセスといった「消費者行動」などの属性や要因によって市場を細かく分けていきます。
そして、ターゲティングは、先のセグメントされた中から、市場規模や成長性などを考慮しながらターゲット市場を選定します。
最後にポジショニングですが、ターゲット市場において、自社の商品が競合に対してどのような立ち位置を取るかを明確にしていきます。以上がSTP分析です。

マーケティングツールを使う人が知っておきたいMAについて

webマーケティングを行う上で役立つものに「マーケティングツール」があります。まだ
使っている企業は少ないですが、以前と比べると着実にマーケティングツールに着目する企業は増えてきています。マーケティングツールを使用するのと使用しないのとでは効果も違ってきます。
オウンドメディアマーケティングにぜひ取り入れてほしいツールです。
○マーケティングオートメーション(=MA)について
マーケティングツールに興味があるなら、マーケティングオートメーション(MA)について知っておくといいでしょう。
マーケティングオートメーションって?と初めて聞いたという人もいるでしょうが、
知っておくと便利です。
マーケティングオートメーションとは、アメリカでは2000年代から当たり前のように普及していたマーケティングツールですが、日本では3年ほど前からようやく知られるようになってきました。
マーケティングオートメーションについて簡単にいってしまうと、マーケティング活動を
テクノロジーに任せるツールのことです。
見込み顧客はそれぞれの関心も違ってくるため、購入頻度や購入場所といった消費行動もそれぞれ違ってきます。
そのためにも、顧客ごとの細かいマーケティング活動が必要です。自社でアピールしたいサービスや所品を利用してもらうのにはベターです。MA(マーケティングオートメーション)についてはこちらを

検索エンジン最適化の効率アップのためにしておきたいこと

検索エンジン最適化においては、様々なポイントを抑えて最適化していかなければなりません。
○プラスアルファでアクセス解析
検索エンジン最適化の本質とは少し違ってきてしまいますが、通常の検索でサイトの集客を分析する事は、検索エンジン最適化においても欠かせません。自社のサイトは制作し終わったら全て終了というわけではなく、作り終わってからが本当の始まりでもあります。
ユーザーのアクセス解析をしていく事も、検索エンジン最適化の一環として捉えましょう。
分析していけば、それを検索エンジン最適化に生かす事ができます。
○見出しタグをつける
検索エンジン最適化では「見出しタグ」の役割も重要になってきます。見出しタグとは「h1〜h6」まであるもので、HTML5を使ったサイトでは1ページ内にh1タグを複数設置します。この仕組みがわかっていないと検索エンジン最適化はうまくいきません。
たとえ検索エンジンを使っていても、hタグがそのページの目次になっていなければいけないのです。これもちゃんとチェックしておきましょう。

ここだけでは抑えておきたい!マーケティングツールのメリットや目的について

webマーケティングを行う時は、マーケティングツールを使うとより良い効果が出てきます。それでは、マーケティングツールを使うとどのような利点や目的が達成されるのでしょうか。
○マーケティングツールのメリットとは
マーケティングツールのメリットと言えば、ツールによって時間や人件費、労力をセーブし、顧客ごとのアプローチを学習、最適化しながら実践できる事です。
マーケティングツールは様々な経路を使っていき、見こみ客や既存ユーザーに対して、一定のルールに基づいてアプローチしていくためのソフトウェアを指しています。
○マーケティングツールを利用する目的って?
マーケティングツールを利用する目的と言えば、webサイトやeメール、スマホのアプリケーションのプッシュ通知、広告などだけでなく、一人ひとりの顧客にぴったりな方法で接触していく事です。これを実現するには、本来かなりの労力や人手がかかるのもまた事実です。しかしマーケティングツールがあれば、担当者が作ったシナリオに従い、新商品の営業や関連商品の販売促進などの対応がしていけるのです。このようなマーケティングツールもあります!

SEO対策は外部対策より内部対策が重要?その理由とは

SEO対策と言えば、検索結果で上位に表示されるように調整する事です。
しかしグーグル検索エンジンはアルゴリズムの更新を繰り返しているので、キーワードを単にいっぱい詰め込めばいいという単純な作業ではありません。また、SEO対策には外部対策と内部対策の2つありますが、今回は内部対策がどうして必要なのかについてレクチャーしていきます。
○内部対策はコンテンツが重要です
グーグルクローラーにページの内容をわかりやすく伝え、インデックス促進する事が内部対策の目的です。ただしどんなにページの内容がわかりやすくても、グーグルから高い評価が得られなければ、上位表示は恐らく難しいでしょう。内部対策にはクオリティの高いコンテンツも必要なのです。
内部対策では、とにかく中身(コンテンツ)が重要だと意識しておきましょう。
内部リンクをはじめ、見出しタグなど使って使いやすいサイト作りをしていきます。これが内部対策です。ユーザー目線で作っていく事が求められるのです。しっかりと考えてキーワードを選びましょう

オウンドメディアマーケティングで必要なこと

最近、「オウンドメディアマーケティング」を行う企業が増えてきています。
どうして今、オウンドメディアマーケティングが必要とされているのでしょうか。また、オウンドメディアマーケティングではどのような事が求められるのでしょうか。
○オウンドメディアマーケティングは情報が発信しやすい
オウンドメディアマーケティングを行ってコンテンツを配信する事によって、フェースブックやツイッターなど、フロー型のソーシャルメディアでさらに多くの人に情報を発信しやすくなります。
○ユーザーの興味を駆り立てるようなコンテンツが必要
ソーシャルメディアに投稿するコンテンツは、ユーザーとの関連性が高くて関心を引きよせるような話題にするべきです。ソーシャルメディアを使うユーザーは、有益な情報を友人から入手し、人とコミュニケーションする事が目的で入手しているわけではありません。早い話が、ユーザーにとって本当に役立つようなクオリティの高いコンテンツこそが、そのコンテンツに共感してくれたユーザーをオウンドメディアに持ち込めます。
○本当にニーズのある人だけにアクセスしてもらう
ユーザーと最適なコミュニケーションを図るには、ソーシャルメディアに自社の情報を発信するだけでなく、ユーザー同士のコミュニケーションも傾聴していかなければなりません。ユーザーの声を聞くためには、広く多くの人に自動的に認知させるのに対し、ユーザー目線のコンテンツを提供する事により、サービスや商品に興味をもってくれそうな人を呼び込みます。本当にその情報を欲している人だけに効率よくアクセスしてもらい、見込み客の購入意欲をかき立てるような情報設計を行うのが、「オウンドメディアマーケティング」です。オウンドメディアマーケティングはどうやって行うのでしょうか

Previous Posts