ビジネスマーケティング情報サイト

“ビッグデータ時代の「インバウンドマーケティング」 “

過去10年間のマーケティングは、大きな変化を遂げた。大変化は目覚しい技術とIT革命が主導した。デジタルビジネス環境は顧客の購入プロセスを変えた。今日70%以上の顧客が、マルチチャンネルでの製品の事前調査を終えることはもちろん、さらには50%以上の顧客が特定の製品の購入意思の後、または販売店に連絡する。


顧客はさらに賢くなり、購入過程でパワーはさらに大きくなった。セールスのために各地を飛び回る時代は終わった。世界の顧客が自分たちの製品を最初に見つけられるように誘導するインバウンド(inbound)マーケティングアプローチが必要である。


ビッグデータ自体には何の意味がない。ビッグデータがもたらす可能性が壊滅的なのは事実だが、重要なのは「活用」である。ビッグデータが自動的にマーケティング効果を高めてくれるのではなく、統合マーケティングの実行と併せた時、企業とセールスに及ぼす影響が大きくなるからである。


オバマ米大統領の2008年の選挙キャンペーンは、受信マーケティング威力を示す代表的な事例だ。強力なライバルを破ってどのように成功を示すことができるかを証明した。


当時オバマ大統領は、よく知られていない米国イリノイ州議員であり、相手は強大で人気が多かったマケイン上院議員だった。驚異的な広報、広告、人材、資本などのリソースを持っていたマケインを相手に、既存のアウトバウンド方式では勝ち目がないと判断したオバマ陣営は、受信マーケティングアプローチを選択した。選挙人一人一人にオバマの価値を呼び覚ましキャンペーンに一般国民が容易に参加できるように誘導した。


積極的なコミュニケーションのためにフェイスブック、ツイッター、YouTubeなどで積極的に国民との交流を試みた。参加を誘導してオバマを支持することができる場を用意して投票にその場ですぐに参加することができる窓口を開いた。


マーケティング分析

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>