ビジネスマーケティング情報サイト

オウンドメディアにはボリュームも大事

コミュニケーションの差別化は、購買行動を促す最強の差別化となります。似たような商品であれば、見る目のある人であれば見抜きます。商品だけでなく、売り手の人格を見こむのもお客さんなのです。オウンドメディアにおいては、この構図をネット上に作っています。商品そのものに明らかな違いがあって強烈な個性があれば話は別ですが、現実的に、企業活動ではそんなうまくいくものではありません。オウンドメディアを正しく理解し、しっかりした企画のもとに運営する事は、企業自体の差別化につながっていきます。
○オウンドメディアを立ち上げるにはボリュームも必須
オウンドメディアを立ち上げるには、そこにある程度ボリュームのある情報量が必要です。
SEOで上位表示させる事を考慮すると、最低でも150ページ以上は必要になってくるでしょう。
現実的にオウンドメディアを立ち上げるには、この記事作成に一番時間がかかります。
企業によっては外部のライターに発注して、メディアを根気よく作っていっているところもあります。最初は準備期間として半年見ておくといいでしょう。オウンドメディアについての詳しい情報です。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>