ビジネスマーケティング情報サイト

人材系のオウンドメディアで求められるコンテンツについて

みなさまこんにちは。今回は人材系のオウンドメディアで作るべきコンテンツについてお話しします。
みなさまが求人するときは何を調べますか。それぞれ違うと思います。何故なら、それぞれにとって現在必要なニーズが違うからです。例えばどんな職種にするか、業種にするか決めていない人からこの業種に行きたいけど、そのために求められる能力が何か理解したいというニーズなど幅広いです。その点で言えば全てを網羅し、コンテンツをつくりカテゴリ分けがベストですが、そう簡単ではないので、要点だけをまとめていきます。
例えば、業界別所得などはどの業界に行くか決めていない人にとって突き刺さるテーマです。お金は大事ですからね。またそのテーマで業界別の業務内容を伝えて、ユーザーと接触回数を増やすことが大事です。こちらはほんの一例です。しかし、実際のHRの求職者目線だと、求人募集に問い合わせるまでの流れに相違ないのでカスタマージャーにを多く設けることなく、コンテンツをオウンドメデイアから発信して行くことが重要です。最高に成功したオウンドメディア事例

SEOの定義や知っておきたいこと

○SEOの定義とは
SEOは、サーチエンジンの検索結果のページの表示順の上位に、自分のwebサイトが表示されるように工夫する事をいっています。また、そのための技術やサービス、特定のページを上位表示させる事によって、ユーザーかそのページをクリックする機会が増える事は容易にわかるでしょう。
SEOは、グーグル検索エンジンの対策をする事でもあるのです。適したキーワードやタイトル、ページを検索画面のトップに表示させようとする技術がSEOです。
○SEOにもペナルティがある?
検索エンジンスパムを利用する方法もあり、多様な手法が用いられてきます。検索エンジンスパムを使った事が発覚すると、検索エンジンのインデックスから削除されるなど、ペナルティが課せられる事もあります。
特定のドメインやIPアドレスを、検索対象から外す事もペナルティの一つであり、ドメイン・IPアドレスの再取得といった費用がかかる事もあります。グーグルのアルゴリズムには新しい情報を優遇するという規則があり、このアルゴリズムの事を特にQDFといっています。ただしこれは新着情報を優遇しているものであり、時事的でない情報を優遇するものではありません。サイトのSEOレベルをチェックしましょう

オウンドメディアにはボリュームも大事

コミュニケーションの差別化は、購買行動を促す最強の差別化となります。似たような商品であれば、見る目のある人であれば見抜きます。商品だけでなく、売り手の人格を見こむのもお客さんなのです。オウンドメディアにおいては、この構図をネット上に作っています。商品そのものに明らかな違いがあって強烈な個性があれば話は別ですが、現実的に、企業活動ではそんなうまくいくものではありません。オウンドメディアを正しく理解し、しっかりした企画のもとに運営する事は、企業自体の差別化につながっていきます。
○オウンドメディアを立ち上げるにはボリュームも必須
オウンドメディアを立ち上げるには、そこにある程度ボリュームのある情報量が必要です。
SEOで上位表示させる事を考慮すると、最低でも150ページ以上は必要になってくるでしょう。
現実的にオウンドメディアを立ち上げるには、この記事作成に一番時間がかかります。
企業によっては外部のライターに発注して、メディアを根気よく作っていっているところもあります。最初は準備期間として半年見ておくといいでしょう。オウンドメディアについての詳しい情報です。

マーケティングツールとしてSNSを使う時

マーケティングツールとして「ソーシャルメディア」を使う事もできます
企業のマーケティング活動において、ソーシャルメディアでカバーできる範囲は大きく分けて3つあります。
○マーケティングツールとしてのSNSで補える領域3点
・見込み客の獲得
とにかくユーザーを見つけたいという場合は、自社のサービスや製品を使ってくれそうな見込み客を見つけます。
・関係性構築
ユーザーの事をもっと深く知りたい時、関係性構築をしていきます。
お客さんの抱えている課題や要望を拾い上げて、優良顧客になってもらうのです。
・情報を広げるため…利用者に知ってもらう
情報拡散の事です。
お客さんに自分の製品やサービスを知ってもらい、ブランディングやPR的な役割を果たしていきます。
まだ自社の商品やサービスについてほとんど知識を持っていなくても、ターゲットに
しておきたいお客さんに向けて情報を積極的に発信していきます。
例えば新しいブログ記事を公開したら、フェースブックやツイッターなどにお知らせ投稿を準備していくのです。マーケティングツールについてより詳しい情報はこちらのマーケティングツールを参照ください。

マーケターがよくぶつかる壁って?

みなさんこんにちは。
マーケターの皆さんは、それぞれが違う問題に直面していると思います。しかし、だいたい皆同じような課題を抱えていると思うのでざっくりまとめます!
1.リードとトラフィックの創出
多分これが一番よくある悩みですね。ユーザーを増やして見込み顧客を獲得することが非常に難しいです。
じゃあどうすれば良いのか?
自分のコンテンツを見直してください。内容はユーザーが求めているもの?また、文章なのか動画を求めているのかこれも肝心です。
必要なことをやりましょう
2.投資に見合った利益出せてますか?
みなさんもSEM広告などに費用をかけているでしょう。ただその効果は得られていますか?そこから購入へと至っていますか?
こういったことはやっているだけでは意味が無いので利益を取れるよう対策をしなくてはなりません。
3.ウェブサイト運営
あなたのウェブサイトをしっかり管理できてますか?
例えば、はじめてきた人でもわかりやすい導線があるか、専門用語は?カテゴリーのまとめは?
いろいろな工夫をユーザーの動向と合わせて変えていきましょう。
よくありそうな問題を3点出しました。これらの対策方法を考えたりもう一度行ってみるのも良いかもしれません。マーケティング分析「リスニングマインド」ってなに?

“マーケティングツールって何のためにあるの?コストはかかるの? “

“minna”

マーケティングツールと呼ばれるものがありますが、そもそも何のためにマーケティングツールを取り入れるのかピンとこないという人もいるでしょう。マーケティングツールを導入する目的は大きく分けて2つあります。


マーケティングツールの目的


・コストを下げる
・売上を上げる


このどちらの目的を最終目標として設定するのかまずははっきりさせましょう。これが明確になれば、さらにマーケティングツールの効果がアップします。


マーケティングツールにはコストがかかる!間接コストってどんなもの?


マーケティングツールを導入するとコストがかかります。そのコストには直接的にかかるコストと間接的にコストがあります。マーケティングツールを導入すると、マーケティングツールの利用料だけでなく、ツールを運用するのにかかる付随的なコストも発生してきます。


内部コストと外部コスト
最初にかかる費用として、ツール導入にコンサルティング費用がかかるケースもありますし、設定費用や初期費用などあります。外部にかかる費用だけではありません。
例えばタグを導入するならタグ導入に関わる【内部コスト】がかかります。ツールの使い方を学ぶ内部コストもかかるでしょう。
このように、意外と間接コストが大きいという事を心得ておきましょうね。マーケティングツールとは

これだけでは知っておきたい!SEOの注意点や重要ポイント

“marketing”

SEO対策を行ってもすぐに効果が出てくるわけではありません。ある程度効果が出るのにも時間がかかりますし、即効性に欠ける部分もあります。 基本的に1ページ1テーマなので、綿密に行うにはコンテンツ作成など人的コストもかかってきてしまいます。キーワードによっては上位表示が難しく、ハードルが高いこともあります。検索エンジン側のアップデートやアルゴリズム変更によって、順位も左右されてきます。

良質なコンテンツを作成し、価値ある情報を提供する SEOを行う上で最重要となるポイントは、「良質なコンテンツを作成し、利用者に対して価値のある情報を提供する」ことです。SEO対策に関しては様々な情報があふれていますが、何が正しいのかという明確な答えはありません。しかし検索行動をとる利用者にとって満足あるコンテンツ(問題を即座に解決できる、新しい情報や専門的知識が得られる)が提供できなければ、どんなSEO対策を行っても上位表示は見込めないでしょう。

わかりやすい文章、検索されやすい文章にすること SEO対策では、コンテンツのクオリティを上げるのは勿論の事、 ・利用者に対して分かりやすい文章にする ・検索エンジンに対して認識しやすい文章にする ことも大事です。SEO対策についての情報はあふれていますが、何が正しいのかという明確な答えははっきり出ていないのでまたわかりづらいですが、SEOを行う上で最重要となるポイントは、「良質なコンテンツを作成し、ユーザーに対して価値のある情報を提供する」事です。 検索行動をとるユーザーにとって満足あるコンテンツが提供できなければ、どのようなSEO対策を行っても上位には表示されないでしょう。 まずはコンテンツの質を上げ、利用者にわかりやすい文章にする、検索エンジンに対して認識しやすい文章にするなど、細かな気遣いも必要でしょう。

本記事はSEOを参照しました。

オウンドメディアでの内容の伝え方

“word”

みなさまこんにちは。今回はオウンドメディアではどんな伝え方がユーザーに響くのか、ということを考えていきたいと思います。 では、伝え方にはどんな手段があるでしょうか。例えば、文章による伝え方や動画による伝え方などがあると思います。 これらに共通しているのは人の感性に訴えているということです。動画は単純に目や耳から情報をえて文章は目から情報を得ます。どちらがいいということは大きくはないと思いますが、動画の方が伝わる情報が多いですよね。

アメリカのオウンドメディアマーケティングで動画によって成功した事例が1つあります。それはプールの施工会社です。彼らは、プールを顧客に作りたいと思ってもらうために彼らの潜在的ニーズを発見できるようなメッセージを考えます。また、それを文章ではなく動画という形で伝えました。その結果、その他のプール施工会社よりも頭一つ抜ける結果を出しました。

これから思うことは、メッセージを的確に伝えるためにはどの手段を使うかということが非常に大事だということです。

http://www.listeningmind.com/オウンドメディア/

訪問者のサイト内行動ってどうなっているの?

“marketing”
みなさまこんにちは。自分のサイトに入ってきたユーザーはどんな動きをしているのか気になったことはありませんか?私は非常に気になっており、日々アナリティクスで確認しております。ただ非常にわかりにくいですけど。。。
今回は、訪問者のサイト内行動で確認すべきことを解説していきます。下記3点を確認すべきです。
1. 滞在時間
滞在時間は訪問者が自社サイトを見ている時間のことです。これが長ければ長いほど自分のコンテンツに興味を持ってくれているということがわかります。逆に、短い場合はすぐにコンテンツの内容を変えていくべきです。
2. リピート回数
リピート回数は、自分のサイトに何回再訪問してくれたかです。これが高いほどそのユーザーは自分が運営しているサイトのファンだということがわかります。また、リピート回数が多いユーザーがどのページを見ているか把握することで自分のサイトの強みがわかりどのようによりよくしていけばいいのかの指標となります。
3. ページビュー数
ページビュー数はユーザーが何回自分のサイトでページ移動したかです。これが多いほど、そのユーザーは自分のサイトのコンテンツがどういったものか気になっています。これが多いほうがもちろんいいです。
サイト内行動で確認すべきなのはざっとこの3点です。自分のサイトはページビュー数が少ないなどの情報がわかるはずです。その場合は、UIの変更など日々改善していきましょう
マーケティング分析についてより詳しい情報はマーケティングをご覧ください。

検索結果で上位に上げるには?

“analytics”
検索結果の1ページにあげたい。だれもがそんなことを思ったことがあると思います。じゃあどうやったら上位になるのか?そのことに簡単に触れていきます。
検索結果上位にするための要素は約200
実は検索結果で上位に上げるための要素は200個近くあると言われています。ただ、その中でも優先順位があり大体70個何かしら対策を取っていれば検索結果上位に上がりやすくなります。
そのなかで、重要だと思う要素を3点だけ上げていきます。
1. 外部リンク
外部リンクとは自分のサイトとは異なったサイトからのリンクです。外部リンクが多ければ多いほど良いサイトだという評価が得られて検索結果上位になりやすくなります。普通に生活してて、他者からの評価が重要なのと一緒です。
2. 内部リンク
自分のサイト内でのリンクのことです。自分のサイト内でリンクを多くはるほど上位に上がりやすくなります。ただ、外部リンクの方がより優先度が高いです。
3. キーワード頻出度
作成したコンテンツを構成するキーワードの割合です。重要なキーワードと設定したものは、できるだけ他のキーワードよりもよく使っている方が検索結果上位に上がりやすくなります。
以上3点を簡単に紹介しました。なぜこの3点かというと誰でも簡単に意識して行える要素だからです。
まずはこの3点から徐々に対策していきましょう。それから少しずつ他の項目も覚えて対策を練ってSEO的に良いコンテンツを作っていきましょう。
本記事はSEOを参照しました。

Previous Posts Next posts